2018年3月11日日曜日

7年

あの日からもう7年なんですね。中日新聞の1面に震災に関する表が掲載されていて、まだ不明者がいることに胸がふさがります。

特別なことをやらずに、いつもの日常生活を送りました。去年のこの日のブログを振り返ってみると、同じように特別なことをやっていませんでした。とにかく、まずは自分が元気でいたいし、頑張っていたいしね。大地震への備えをしながら毎日過ごしていますが、いざ起きた時はどうなるか誰もわからないと感じています。防災に関する勉強会に参加しても、どうすべきか、わからないことの方が多いもんなあ。

仮設住宅から引っ越せない人、後遺症に悩まされている人、マスコミ報道で拝見します。仮設の校舎で勉強している学生さんもいますよね。例えばアメリカのハリケーン被害、台湾の大地震など、その後の復興はどうなんだろう。海外の事例を見ながらもっとできることがあるんじゃないかな。でら極端に言ってしまえば、東京オリンピックをやっている場合ではないのかもしれませんね。小さなことですが、大手の建設工事が優先されて、うちのような小さなリフォーム工事は後回しですな。巡り巡って、末端によくない影響は少なからずあると思っています。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。こっちはこっちで、頑張ります。