2019年1月7日月曜日

味噌汁に愛情を

北海道では大雪。同じ日本でこうも天気が違うんだなあ。経度か緯度の兼ね合いなのかな。北海道の皆さんは、やっぱり寒さに強いのかしら。

楽しみのひとつに外食があります。ランチタイムに前から気になっていた唐揚げ専門店へ行ってきたんです。お昼をちょっと過ぎていたので、客入りは半分くらい。店内に入ると、透き通った声で初来店客を迎えてくれました。カウンター席に座り、期間限定の唐揚げセットを注文。しばしセルフで入れた熱いお茶を飲んで待つこと5分程。あらかじめの仕込みがしっかりされているのか、スタッフの作業効率がいいのか、料理が早く出てきましたね。まあ、客としては待ち時間の短縮はありがたいです。うん。

で、専門店だもんで唐揚げは肉厚がしっかりしていて美味でしたね。気になったのが味噌汁。具材は行っって普通なんですが、その途中があれです。ドリンクサーバーみたいな大きな容器に入っていて、お椀をセットしてボタンを押すとジャーっと出てくるんじゃありませんか。へえ。カウンター席からたまたま見えてしまったその光景で、飲んでいた味噌汁がちょっと不味くなりましたね。いや、清潔なサーバーに違いありませんよ。でも、味噌汁は大きな寸胴に入っていて、一杯一杯、おたまですくって用意してほしいじゃありませんか。まあ、無駄な欲求かもしれませんな。時代は効率を求め、過程よりも結果がよければよしとするのだろうか。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。今日から本格的な仕事始め。そんな人が多そうです。