2018年に読んだ本

【目標】2018年に70冊の本を読みます!
1月
001-横関大「再会」 江戸川乱歩賞受賞の渾身作
002-百田尚樹「モンスター」 美を追求した女性の悲哀
003-池井戸潤「かばん屋の相続」 6編からなる短編集
004-横関大「偽りのシスター」 男兄弟の人生物語
005-池井戸潤「ようこそ、、わが家へ」 ひ弱な主人公の日常
006-竹田茂「会社をつくれば自由になれる」 健康のための起業のススメ

2月
007-百田尚樹「フォルトゥナの瞳」 生死がテーマのSF小説
008-加藤元「泣きながら、呼んだ人」 四編の家族小説
009-荒木源「探険隊の栄光」 テレビマンとゲリラの話
010-唯川恵「テティスの逆鱗」 美容整形のミステリー

3月
011-宮部みやき「ペテロの葬列」 杉村シリーズ第3作の上巻
012-宮部みやき「ペテロの葬列」 杉村シリーズ第3作の下巻
013-渡部建「大人のためのいい店選び方の極意」 参考になります
014-大前研一「個人が企業を強くする」 40代は必読です
015-角田光代「ドラママチ」 背筋が凍る角田文学の短編集
016-太田省一「マツコの何がデラックスか」 社会学の視点からマツコを考察
017-原宏一「佳代のキッチン」 ミステリー要素も含んだ料理に関する話

4月
018-原宏一「佳代のキッチン2」 涙ありの移動調理屋の続編
019-東直己「ライト・グッドバイ」 ススキノを舞台にした探偵物語
020-原宏一「閉店屋五郎」 人情溢れる五郎の姿が可愛い
021-原宏一「極楽カンパニー」 定年後のおじさんのユーモア小説

5月
022-原宏一「ヤッさん」 ホームレス探偵の人情小説
023-出口治明「働き方の教科書」仕事で迷ったら読みたい一冊
024-原宏一「握る男」食に関するサスペンス小説
025-原宏一「ヤッさん2」今度の弟子は女性。人情小説第2弾
026-沢村浩輔「夜の床屋」ちょっと大雑把なミステリー
027-吉村喜彦「ウイスキーボーイ」広告関係者以外は難しい内容

6月
028-柏井壽「鴨川食堂おかわり」料理の描写は抜群
029-原宏一「ファイヤーボール」元サラリーマンが祭りを立ち上げる話
030-原宏一「へんてこ隣人図鑑」こういう人がいるなと笑った
031-原宏一「ヴルスト!ヴルスト!ヴルスト!」ソーセージが食べたくなる一冊
032-原宏一「かつどん協議会」かつ丼が愛おしくなる一冊

7月
033-原宏一「ムボガ」コレステローラーズが活躍
034-原宏一「大仏男」無さそうで有りそうな物語
035-荻原浩「オロロ畑でつかまえて」方言のセリフがユーモアをそそります